(株)ヤマナカゴーキン

  • 【展示会】
    第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展
  • 【小間番号】 20-17
  • 【都道府県】 大阪府
  • 【品質規格・許認可】
    ISO9001(品質)
  • 【取引実績】
    自動車、輸送機器
    電機、精密機器
  • 製品1個あたりのコストを最小化、ものづくりの最適化を実現!
  • 弊社は、鍛造部品の軽量化、金型工具の高寿命化をキーワードに、鍛造・板鍛造工法開発に取り組んでいます。 今回の出展では、多軸成形による最近の自動車部品開発事例、最適設計へのCAEの新しい活用方法、さらにボルト型高感度荷重センサーを活用したセンシング技術をご紹介いたします。

製品・サービス一覧

  • 鍛造シミュレーションソフト『DEFORM』

    DEFORMは、圧延などの素材製造から、鍛造・板鍛造などの成形工程、さらに金属の材料流れ、工具への負荷状態、熱処理による変形、切削時の切りくず予測など、あらゆる加工現象をコンピューター上でシミュレーションできるCAEソフトウェアです。

  • ボルト型センサー『ピエゾボルト』

    ピエゾボルトは、塑性加工法を用いてボルト内部へセンサユニットを埋設した荷重センサーです。 このボルトを使用することで、異常感知や最適な成形条件を選定するための詳細なデータモニタリングを可能にします。

ロード中です

ロード中です

※上記の情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールスなど)で無断に使用・転載することを固く禁じます。

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。