(株)マイクロジェット

  • 【展示会】
    第2回 次世代 3Dプリンタ展
  • 【小間番号】 46-33
  • 【都道府県】 長野県
  • 【取引実績】
    航空宇宙
    電機、精密機器、半導体
    医療機器、ヘルスケア
    化学、食品、医薬品
    その他 製造業
  • 毎正時無料技術セミナー開催
  • マイクロジェットでは、会社創立以来一貫して「インクジェット技術」をエレクトロニクス分野、3Dプリンター、バイオ分野などの産業分野に応用するための開発研究に携わる皆様への技術開発支援を行っております。

製品・サービス一覧

  • レーザー焼結方式3Dプリンター「Sintratec Kit」

    Sintratec社は、SLS方式でありながら驚異の低価格を実現し、3Dプリンター総研がこの装置の輸入代行を行う。 高強度のPA12や弾性のある熱可塑性エラストマー材料を使っての造形が可能。

  • エアロゾルジェットによる回路・センサー試作サービス

    エアロゾルジェット技術により凹凸面や3D曲面へ回路やセンサーを描画。各種部品へのアンテナ、ひずみセンサー、回路等の描画実験の受託サービスを開始しました。

  • 応用研究用マルチノズル塗布装置「NanoPrinter」

    インクジェット技術により、非接触で金属ナノインクや機能性液材料を用いて幅30μm~のセンサーや回路、薄膜 を高速で描画・塗布可能。

  • インクジェット卓上実験装置「LaboJet-600」

    インクジェットの基礎実験用描画装置 シングル高耐液ヘッドを搭載しているため、様々な液種で各種のインクジェット実験が可能。液滴観察やテーブル観察カメラが標準搭載。

ロード中です

ロード中です

出展社による製品・技術PRセミナー 【PRセミナー会場】

  • セミナー情報

    1. <発表日時> 2月27日 (木) 14:00 ~ 14:30
    2. セミナータイトル 次世代3Dプリンタの本命Inkjet技術について
    3. セミナーアブストラクト 3Dプリンターには7つの造形方式があり、そのうち5つの方式にインクジェット技術が使われている。このインクジェット技術の基礎から3D造形までの応用と、エアロゾルジェット技術の3D曲面印刷について解説する。

※上記の情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールスなど)で無断に使用・転載することを固く禁じます。

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。